XM口座開設で11,000円分Amazonギフト券プレゼントキャンペーン中【期間限定】

戻り | 何となく分かった気になるトレード用語辞典

この用語のポイント

  • ダウントレンド中に使われる言葉だよ

カンタンに書くと

戻りとは

  • 相場が下降した後に価格が一時的に上がること

です

すけろく

価格を戻す

詳しく書くと

チャート分析でよく使う言葉です

ダウントレンド中に直近高値をブレイクしない程度に価格を上げることを指します

調整と呼ぶこともあります

対義語は押しです

価格が一時的に下がった局面で空売りすることを

戻り売り

と言ったりします

戻り売りはトレンドフォローの基本中の基本です

すけろく

売りたいときは戻りを待つべし

チャートは必ず上昇と下降を繰り返して形成されます

なぜそうなるのでしょうか

それは価格がある程度下がると以下の売買が行われやすくなるためです

  • 既存ショートポジションの利益確定の買い戻し
  • 新規の買い

結果として価格が上がることにより戻りを形成します


下げた値幅の1/2程度価格が上がった状態のことを指して

半値戻り

と呼んだりします

半値戻りは50%の戻りですが、それ以外にフィボナッチリトレースメントを使って戻り具合を図ったりします

よく意識される戻り比率は以下の通りです

  • 38.2%
  • 50%
  • 61.8%

押しはどの時間軸でも形成されます

1分足でも1時間足でも日足でも必ず押しが入ります

これはそれぞれの時間軸でトレードしている市場参加者がいるためです

一言でまとめると

ショートという単語が出たら、

下降トレンド中に一時的に値を上げることなんだな〜」とお考えください

すけろく

読んでいただいてありがとうございました

 

本ページは「分かった気になれる」を目的にしているため、正確性に欠ける表現があります。具体的かつ正確性の高い情報をお求めの方はそっ閉じください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です