XM口座開設で11,000円分Amazonギフト券プレゼントキャンペーン中【期間限定】

難平(ナンピン) | 何となく分かった気になるトレード用語辞典

この用語のポイント

  • 相場の売買方法のひとつだよ
  • 良い難平(ナンピン)と悪い難平(ナンピン)があるよ
  • 頼りすぎるといつか大やけどするよ

すけろく

無計画の難平(ナンピン)は地獄の入り口….

カンタンに書くと

難平(ナンピン)とは

  • 既に持っているポジションと反対方向に値動いたときに、更に売ったり買ったりすること

あるいは

  • 損切りできずに半ばヤケクソで追加売買すること

です。

すけろく

含み損は幻や・・・倍プッシュ(後者)

詳しく書くと

「買い下がり」や「売り上がり」とほぼ同じ意味ですが、

どちらかというと「難平(ナンピン)」は悪い意味で使うケースが多いです

例えば、ドル円を100円で買ったとします

すけろく

ここから上がるやろ。ぽちっ

この場合、ドル円のレートが100円以上になれば儲けです

が、逆にドル円が99円まで落ちたきたとします

そこで

すけろく

損切りしたくないし、もっかい99円で買おう

という売買をしたとします

100円と99円で買ったので、平均取得単価は100円から99.5円になります

平均取得単価が0.5円改善されたので救われる確率が高くなりました

「難」を「平」にしたように見えます

すけろく

100円まで戻ってきたら利益確定しよ(妄想)

これが「難平(ナンピン)」です

値が下がったところで更に買っているのでこの場合は「買い下がり

売りから入って値上がったときに更に売るのは「売り上がり」です

難平(ナンピン)は取得単価を平均化してくれる優れものです

が、同時に建玉(ロット)数が増えるので、損失が倍以上になることもあります

「下手なナンピン素寒貧」という相場の格言があります

トレード根拠や資金管理に基づく計画的な難平(ナンピン)でない場合、高確率でいつか致命傷を負います

感情的に売り上がったり、買い下がったりせずに計画的にトレードする姿勢が相場を生き残る上では必須ですね

一言でまとめると

「難平(ナンピン)」って単語が出てきたら、「損切りできずに悪あがきしてるんだな~」とお考えください

すけろく

読んでいただいてありがとうございました

 

本ページは「分かった気になれる」を目的にしているため、正確性に欠ける表現があります。具体的かつ正確性の高い情報をお求めの方はそっ閉じください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です