XM口座開設で11,000円分Amazonギフト券プレゼントキャンペーン中【期間限定】

スプレッド | 何となく分かった気になるトレード用語辞典

この用語のポイント

  • FXのスプレッドはFX業者が独自に決定するよ

カンタンに書くと

FXでいうスプレッドは

  • 通貨ペアを買える価格と売れる価格の差

です

すけろく

基本的に狭い方が嬉しいもの

詳しく書くと

このFX業者のスプレッドは狭い

とか

指標発表があったのでスプレッドが広がった

みたいな使い方をします


FXで通貨ペアを売買する場合、

買う値段と売る値段は同一ではなく少しだけ乖離があります

たとえばFX業者Aでドル円を売買する場合のレートは

  • 買値100.005円
  • 売値100.000円

のように少し乖離しています

そのため買った瞬間にすぐ売ると0.005円の損失になります

0.005円は業者へ支払う手数料みたいなものです

すけろく

この場合、スプレッドは0.5銭もしくは0.5pipsと表現されます。割と狭い。

一般に国内FX業者のスプレッドは狭く、

海外FX業者のスプレッドは広いケースが多いです

国内業者はスプレッドの狭さを売りにすることが多いですが、

  • スプレッドは固定でない
  • 業者の一存で変更することができる

のがミソです

ドル円のスプレッドが「原則0.3銭」みたいな売り文句を見ますが、以下の場合はスプレッドが広がります

  • 指標発表時など相場が激しく動くタイミング
  • 相場の流動性が下がるとき

原則0.3銭は決して嘘ではないのですが、原則に当てはまらないときがあり、とくにNYクローズ後の相場が閑散する時間帯は要注意です

国内業者は平気でスプレッドを普段の20倍くらいに広げて露骨にストップ狩りしてきます

(1分足チャートを見ると明らかに海外業者とは異なる形状のチャートを形成します)

ポジションを週持ち越しされるスイングトレーダーの方は特にご注意くださいませ

一言でまとめると

スプレッドという単語が出たら、

売買するときの手数料みたいなものなんだな~」とお考えください

すけろく

読んでいただいてありがとうございました

 

本ページは「分かった気になれる」を目的にしているため、正確性に欠ける表現があります。具体的かつ正確性の高い情報をお求めの方はそっ閉じください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です