FXってなに?をわかりやすく | FX取引の特徴・メリットを解説

やわらかFXのすけろく(@sukeroku_0412)です。

為替(FX)・株価指数を中心にトレードしてます。

こんな人向けの記事

  • FX初心者の方
  • トレードに興味のある方

といった方向けに記事を書いてみました。

 

「FX」というワードはみなさん聞いたことがありますよね。

FXのイメージ

  • なんかあやしい
  • とっつきにくい
  • リスクがあるから恐い

SNSのFX界隈があやしいのは間違いないのですが。。^^;

疑がり深い人ほどトレードには向いていますので、「正しい知識」を身につけることで上手につきあっていくことができると思います。

この記事では、FXの特徴・メリット・デメリットをかんたんに紹介していきます。

FXってなに?をわかりやすく | FX取引の特徴・メリットを解説

FX=他の国の通貨を売り買いすること

FXとは

  • 他の国の通貨を買ったり売ったりすること

FXは「Foreign Exchange」の略称です。FX=外貨への交換と思ってOKです。

それぞれの国の通貨は交換レートが日々変動しています。

レートは需要と供給によって決まります。つまり人気のある通貨ほど価格が高くなります。


実際のドル円のFXチャートを表示してみました。(一つのローソク足が1分です)

これはアメリカの「ドル」を日本の「円」で買う場合の価格です。

土日以外であれば、常に値動きしていることが分かると思います。

FXの特徴

  • 通貨の価格は常に変動している
  • 土日は銀行が閉まるので基本的に相場はお休み

FXはこの価格の変動を利用して差金決済を行うことで利益を狙います。

差金決済ってなに?

トレードでよく使われる「差金決済」についてくわしく説明します。

差金決済:現物の受渡し行わずに、売りと買いの差額の授受で決済すること。

引用元:楽天証券 よくあるご質問より

「買ったものを所有しない」のが差金決済です。

例えば円でドルを買った場合は以下のようなイメージです。

差金決済の特徴

  • 「実物のドル通貨」は所有しない
  • 買ったドルは売る(決済する)ことが前提になる
  • 買ったときと売ったときの価格差が利益 or 損失になる

外貨預金は現物である外貨を「実際に所有」しますが、差金決済のFXでは所有しないのが特徴です。

FXをはじめる場合の日数

何日くらいかかる?

  • 余裕をもって一週間ほどみておけばOKです
  • 業者によっては最短翌営業日からトレードできるようになります

スマホ・PCで口座開設申請~業者の審査~口座情報の受取~入金まで完了するとトレードできるようになります。

 

FXの始め方・流れを分かりやすく5分で図解解説

必要な資金

必要な資金

  • 10万円~20万円程度あればトレードできます

はじめは少額(10万円~20万円)で国内FXで口座開設するのがおすすめです。

 

少額をおすすめする理由

  • 少ない資金でたくさんの経験値を積むことが大事

(経験値が多いほど、のちのち資金量を増やした際のリスクが少ない)

  • 「いくら儲けた」よりも、自分がどんな失敗を犯しやすいのかまず把握することが大事

(トレードはいかに損失・失敗の数を減らしていくかが重要)

大きなリターンを狙って、資金を投入したくなるところですが、まずは少ないリスクではじめましょう。

 

国内FXをおすすめする理由

  • 海外FXは上限レバレッジが高いので、資金管理スキルが必須(慣れてないと火傷する)

SNS(Twitter)を見ていると、つい海外FX業者を使ったハイレバレッジ取引に目が行きがちです。

リスクを限定した状態でハイレバ取引をするのも面白いのですが、ある程度の資金管理の慣れが必要です。

自分のトレードをコントロールできる状態になってから、海外業者を使用するのが無難です。

おすすめの目標設定

FXはお金を増やすイメージを持ってはじめる人が多いと思います。

ですが「資産を守る」ことを目標にするのがおすすめです。

おすすめの目標設定

  • 「増やす」ではなく「守る」
  • まずは一ヵ月、資金を守り切る
  • それができたら三ヵ月間、資金をできるだけ減らさないようにする

 

「守る」ことを重視する理由は5点です。

その理由

  • 最初の三ヵ月間で約90%が退場(資金枯渇する)と一般的に言われている
  • 三ヵ月間をプラスマイナスゼロの収支で迎えた場合、それだけで上位10%
  • 「勝ちたい」という意識がポジポジ病に代表される「余計なトレード」につながりやすい
  • 資金さえ減らなければ、その間はトレードの経験値が積める
  • 相場で長く生き残るためには「損をしない習慣」を身につける必要がある

派手さや大きな利益を求めてしまいがちな世界ですが、ディフェンスが上手な人ほど長く生き残ることができます。

最初のトレードは国内業者から

自分はリスク回避の目的(稀に業者のサーバが停止する)で複数口座を持っています。

おすすめのFX業者を紹介しますので、よければ参考にしてみてください。

おすすめFX業者

  • DMMFX

    株式会社DMM.com証券が運営。平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能。

    評価
    おすすめポイント国内口座数No.1
    取引できる通貨ペア20通貨ペア

    無料デモトレードができるので、初心者の方の学習におすすめです。3つの信託銀行で全額信託保全しているので信頼性もあり。CFD口座も同時に開設することが可能なため、将来的に株価指数や株取引を行いたい人にもおすすめです。

  • みんなのFX

    運営元:トレイダーズ証券株式会社

    評価
    おすすめポイントキャッシュバック
    取引できる通貨ペア27通貨ペア

    深夜のトレードでも心強い24時間対応のコールセンター完備。

  • FXTF

    日本No.1最狭スプレッド挑戦計画。なんとドル円のスプレッドが原則0.1銭(2020/01/16時点)

    評価
    おすすめポイントスプレッド
    取引できる通貨ペア30通貨ペア

    MT4プラットフォームを使用するため、裁量トレーダーだけでなく自動売買をしたい人にもおすすめです。

FXのリスク

金銭的・精神的なリスク

トレードのリスクについても触れてみたいと思います。

トレードのリスク

  • 元本を失う可能性がある
  • トレードで得られる高揚感が目的になり過大なリスクをとる
  • 人によっては金銭的・精神的に破綻する

けっこう恐いことを書きました。

FXの損失を穴埋めするために会社のお金を着服した、なんてニュースもけっして珍しくありません。

参考:年収2000万超、三井物産社員がマクドナルド7億円横領犯になるまで(週刊文春オンライン)

お金にまつわる感情エネルギーはもの凄いです。エリートでも頭がよくても例外ではないですね。

人によっては今ある幸せを全て失う可能性すらあります。(自戒)

リスクの対処法

最初からトレードで利益をあげることは天才でない限り、むずかしいと思います。

リスクに対する対処法

  • 少ない資金のうちにたくさんの経験を積む
  • 「いくら儲けた」よりも失敗を経験して改善することが大事
  • 資金管理を徹底する
  • 自分のライフスタイルに合った手法・トレードスタイルを構築する

大損失を被る原因は資金管理を怠ったケースがほとんどだと思います。

自分も資金管理を怠った結果、一日で100万円溶かした経験があります。

(資金管理については別記事で紹介予定です)

相場の特性

相場の特性

  • 相場は苦しい状態の人間がより苦しくなるように動くことが多い

基本的に人間の本能・思考は相場に不向きなようにできています。

言い換えると、上手なトレーダーほど「楽な方に流れやすい人間の心理」を上手く利用して利益を稼ぎ出します。

例えば以下のようなケースです。

人は嫌なことを先延ばしにする

  • 値が逆行して含み損が発生した場合、人間は本能的に損失を先送りしたくなる(損切りしない)
  • 損失が拡大する一方、逆方向で売買している人間はポジションをホールドして利益を伸ばす

これはプロスペクト理論の損失回避性(得よりも損を避ける性質)を利用したものです。
リンク先:野村証券 証券用語解説集 プロスペクト理論

対処法は自分が苦しかろうが、精神的にキツかろうが、戦略的に行動をコントロールすることです。

このあたりは追って別記事でくわしく紹介したいと思います。

FXのリターンとメリット

FXのメリットまとめ

FXにはたくさんのメリットがあります。代表的なメリットをいくつかあげてみます。

FXのメリット

  • 資金額に応じたリターンを得られる可能性がある
  • 小資金からトレードできる(レバレッジ)
  • 下落トレンドでも利益をねらえる(空売り)
  • ライフスタイルにあわせてトレードできる
  • 税率が分離課税・固定で20%
  • 相場がしまるタイミングがある

FXのメリット1:小資金からトレードできる(レバレッジ)

▼レバレッジのイメージ

FXではレバレッジをかけることができるので、小資金からトレードをはじめることができます。

レバレッジってなに?

  • 「てこの原理」という意味
  • レバレッジをかけることで証拠金(入金したお金)以上の取引ができる

おそらくレバレッジ=「あぶない」「リスクがある」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

FXではレバレッジの倍率よりも「リスクに晒す金額がいくらか」の方が重要です。

例えば・・・

  • 証拠金30万円でレバレッジ3倍=90万円の取引
  • 証拠金10万円でレバレッジ9倍=90万円の取引

上記の場合、どちらも取引する量は90万円で変わりませんね。

前者は低いレバレッジですが、30万円をリスクに晒しています。

後者は高いレバレッジですが、リスクに晒しているのは10万円です。

この場合、高いレバレッジの方がリスクに晒している金額が少ないことがわかると思います。

レバレッジを何倍にするか?ではなく、損失をどれだけ許容できるのか?という視点で考えると良いと思います。

トレード資金を全て入金せずに少ない資金にレバレッジを掛けることで、リスクを限定しつつ高いリターンを狙うことができるのがFXの特徴です。

FXのメリット2:下落トレンドでも利益をねらえる(空売り)

▼空売りのイメージ

xxx

FXのメリット3:ライフスタイルにあわせてトレードできる

xxx

FXのメリット4:税率が分離課税・固定で20%

xxx

FXのメリット5:相場がしまるタイミングがある

xxx

FXのリスク(更新予定)

・金銭の損失リスク

→証拠金以上の損失発生率

・精神的なリスク

FXは投資?投機?(更新予定)

xxx

どんな人がどれくらいFXをしてる?(更新予定)

統計データを基にどんな人がFXをしているのか見てみましょう。

推定50万人?78万口座で今も取引されている(更新予定)

ただし複数口座あり。

661万口座のうち78万口座で取引されている

30代の利用者がいちばん多い(更新予定)

引用元:金融先物取引協会「外国為替証拠金取引の取引顧客における金融リテラシーに関する実態調査」の概要より

xxx

利用者の半分は会社員・会社役員(更新予定)

引用元:金融先物取引協会「外国為替証拠金取引の取引顧客における金融リテラシーに関する実態調査」の概要より

xxx

利益を出している人は60%(更新予定)

引用元:金融先物取引協会「外国為替証拠金取引の取引顧客における金融リテラシーに関する実態調査」の概要より

xxx

引用元:金融先物取引協会「外国為替証拠金取引の取引顧客における金融リテラシーに関する実態調査」の概要より

ただしアンケート対象の93.4%が「現在もトレードしている人」です。

・「過去にトレードして損失を出した人」が含まれる割合が少ない

・負けている人はそもそもアンケートに答えないのでは・・?

といったことも考えると、損失を出している人はもっと多いと思います。

そのため、60%=勝てる人の割合ではない可能性が高いです。

今はスマホトレードが主流(更新予定)

引用元:外為どっとコム総合研究所「外為白書2018-19」

分析手法の割合(更新予定)

xxx

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です