DMM FXで口座開設・トレードで20,000円キャッシュバック

TradingView(トレーディングビュー)60%OFFセールは11/25(月)から開催!(2019年版)

2019/11/25(月)17時(日本時間)から開催されるブラックフライデーセールを利用することで、最大60%OFFでTradingViewを使えます。

2019/12/06追記:
2019年のブラックフライデー・サイバーマンデーセールは終了しました。
別の方法で50%オフで利用できる裏技をコチラの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。
関連記事:TradingViewを50%OFFで使う裏技

2019/12/02追記:
ブラックフライデー終了にサイバーマンデーセールが開催されることが発表されました。

WEBのURLは変更されていないので、本記事のブラックフライデーセール記事から割引を得ることが可能です。

TradingViewが60%割引(11/30-12/4)サイバーマンデーセール

このセールを利用すると、最大で年間¥40,000近いコストメリットを得ることができます。

PREMIUM:月額 ¥ 5,495 → ¥ 2,198(¥39,564 OFF/年)
PRO+  :月額 ¥ 2,745¥ 1,373(¥16,476 OFF/年)
PRO    :月額 ¥ 1,425 → ¥ 570   (¥6,840 OFF/年)
▲1ドル=110円レートで換算。全て年間プランの場合の費用です。

TradingViewを使い始めるなら今!

ということで、TradingView使用歴二年の筆者が各プランの値引き率・登録方法・おすすめプランを紹介します。

ちなみ日数追加の形で利用できるので、既存会員の方もセール対象です。

既に利用している方で、今後も使い続ける場合は忘れずに更新しておきましょう。

ブラックフライデーセールを見る

トレーディングビューって何?という方はコチラの解説記事で主な機能やメリット・デメリットを紹介していますのでご覧ください。

こんな方向けの記事です
・通常プランを利用している
・お得にTradingViewを使いたい
・テクニカル分析をスムーズに行いたい
・他のチャートプラットフォームはいまいちだ・・

公式サイト:TradingView
関連記事:TradingViewの機能・メリット・デメリット
関連記事:TradingViewの有料プラン比較・おすすめプラン
関連記事:TradingViewの使い方【基本編】

TradingViewを60%OFFセールでお得に利用する方法

年に一回だけ開催されるブラックフライデーセールを利用することで、40%~60%の割引価格でTrading Viewの有料プランを利用することができます。

既存ユーザはもちろん、TradingViewを新規利用したい方はこの機会を利用しない手はありません。

ブラックフライデーとは
アメリカの感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日のことで、アメリカの小売店などで大規模な安売りが行われます。

ブラックフライデーセールは5日間だけ

2019年は日本時間の11月25日(月) 17:00~11/30(土)17:00までの5日間、開催されます。

土曜日の夕方にはセールが終了してしまうので、うっかり忘れないようにしたいところです。

ブラックフライデーセールを見る

おすすめのプランは?

ブラックフライデーセールを抜きに考えると、万人におすすめできるのは、コストパフォーマンスに優れたPRO+プランです。

ただし、この期間中に契約できるのであれば、断然PREMIUMをおすすめします。

PREMIUM:月額 ¥ 5,495 → ¥ 2,198(¥39,564 OFF/年)
PRO+  :月額 ¥ 2,745¥ 1,373(¥16,476 OFF/年)
PRO    :月額 ¥ 1,425 → ¥ 570   (¥6,840 OFF/年)
▲1ドル=110円レートで換算(年間プランの場合)

PRO+とPREMIUMの月額差が¥800程度であることを考えると、PREMIUMの機能優位性が非常にデカいのがその理由です。

トレードコストとして月額¥800を削るより、テクニカル分析・トレード準備の効率化にコストを割いた方がトータルで得られるメリットが大きいです。

実際に自分はPREMIUMを使用していますが、チャートレイアウト保存数や1タブ内の複数チャート表示制限が無いのは非常に便利です。

次の章でプラン間の機能差異を見てみたいと思います。

関連記事:TradingViewの有料プラン比較・おすすめプラン

割引率と各プランの機能比較

各プランの機能比較・通常時・ブラックフライデー割引率の比較表です。

PRO・PRO+でネックになるのは、「チャートレイアウト保存数」と「1タブ内のチャート表示数」です。

特にチャートレイアウト保存数はテクニカル分析・チャート検証を行う通貨ペア・銘柄の数だけ必要になるので、頭打ちしやすいです。

複数通貨ペアを取引したり、景気動向のチェックに株価指数を見ている方はPREMIUMが必須になると思います。

各機能の詳しい比較や用途ごとのおすすめプランを以下の記事で紹介していますので、プラン選びに迷っている方はご覧ください。

関連記事:TradingView有料プラン比較【目的別おすすめプラン解説】

ブラックフライデーセールの利用方法

公式サイト:TradingView:ブラックフライデー

公式サイトへアクセスし、利用プランを選びます。

無料会員登録と同じ方法でサインアップします。

無料会員登録はスマホ・PCから2クリック

会員登録は2クリックでカンタンに完了します。

TradingView公式サイト:無料会員登録

●スマホ向け

●PC向け

あとは登録メールアドレスへTradingView社からメールが届きますので、メール内の認証用WebリンクをクリックすればOKです。

既存会員もセール対象

新規会員だけでなく、既にTradingViewを使用している会員の方もセール対象です。

既存会員の場合は、日数追加の形でセール価格を利用することができます。

ブラックフライデーセールを利用する

セールを忘れそう・・・という方は

あらかじめ無料会員登録をしておくと、セール前日にお知らせメールがTrading Viewから届きます。

2018年はこんな感じで登録メールアドレスへ送られてきました。

 

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です